top of page
検索
  • lcokunichika

あ~やっちゃった! でも修理費を安く上げたい

更新日:2022年12月12日


デミオユーザーのお客様より、運転席ドアノブ回りをフェンスに引っかけたと入庫がありました。

使用年数もかなり経過しているし、お客様との相談でコストパフォーマンスのいい板金修理をすることに。

塗装は3層(防錆・下地・ソリッドパール)です。



まず凹んだ箇所を鈑金・パテ埋めで修復


〝ボコン〟と柔らかく当てたキズと違って、ひっかきえぐったキズ、歪修正は板金の中でも中難易度となります。

まずは深く凹んだキズを引っ張り出し、次にパテ埋めしました。



サフェーサー完了


モール(ボディとモールの段差)ギリギリのところにサフェーサーをとどめました。サフェーサーとは本格的に色を吹く前の下地塗料のことで、防錆と色とまりを良くします。



モールとウィンドウの間だけを塗装


モールから上部だけを塗装。モールを区切りに上側と下側の色合いと艶を同じように合わせるため、磨きをかけます。



ドアハンドルとキーシリンダを取り付け完了


元のドアノブとキーシリンダーを取り付け完了。修理費11万円です。

通常はドア2枚分の修復作業で18万円かかるところですが、今回はお客さまの要望で、より修理費を安くということで対応した1件です。

お客様の凹んだ気持ちも治ったのじゃ‼

閲覧数:165回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page